契約本数を上げるには?実現に向けて営業支援の導入!

営業マンを集めてシステムのプレゼンを行い好感触を掴む

長所をすべて把握したうえで、これは契約本数のアップに役立つと確信しました。
使い方を完全にマスターした後、いよいよ営業マンを集めてプレゼンの結構です。
これまで情報の共有は主にミーティングによって行われていました。
1週間でカウントすると5時間以上もかけていることになります。
それに対してシステムを用いた場合は、自分が関係する情報を書き込んだり読んだりするだけです。
そのため、1週間あたり1時間もかかることはないでしょう。
検索エンジンを操作するときの感覚で情報を探し出せるので、報告書を一つずつ確認していくような手間もかかりません。

それを実演して見せたところ、営業マンたちから感嘆の声があがりました。
内心でガッツポーズをしながら、続けて情報の伝達機能も披露しました。
こちらはチャットみたいにリアルタイムで会話を行えるというものです。
最初はピンとこなかったようですが、インターネットで会議を行えると説明したら理解してくれました。
どちらも好評だったので自分の選択は間違っていなかったと思っています。

企業部門として営業部門の課題解決を図ることに営業効率アップのため営業支援のシステムの導入を検討営業マンを集めてシステムのプレゼンを行い好感触を掴む